So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

豚骨ラーメン [グルメ]

最近 とにかく豚骨ラーメンを食べてる。紅しょうがやニンニクを入れて味の変化を楽しみながら、
替え玉を2つ3つと追加していってます。もう本当に幸せじゃ~!!!あの豚骨の濃厚なスープは中毒性がありますね。毎日毎日 飽きもせずに食べ続けていたら 結構太ってしまった.....
これからはダイエットも視野にいれながら食べに行きます。
nice!(0)  トラックバック(0) 

不味いラーメン [グルメ]

ここ最近ラーメンばかり食べています。さすがに朝からは食べませんが、昼と夜は高確率でラーメンです!連日連夜 食べているのであっさりやコッテリなど幅広く食べております。で、最近思うのですが不味いラーメンに出会った事がないと思うのです。もちろん自分の好みで好きなラーメン屋などはありますし、一回食べて、次にまた食べたいと感じないラーメンもあります。でも、不味くて残したり、とても食べれません!といったラーメンには出会った事がないです。逆にラーメンてどうやったら不味くなるのか興味がわいてきてます。昔TVでそんな不味いラーメン屋の特集みたいなのがやっていましたが、 逆にどれほど不味いのか食べてみたいです。基本的にどこのお店も美味しいラーメンを目指して日々 切磋琢磨しているわけじゃないですか、逆に究極の不味いラーメンを作るのも意外と難しいのではないのでしょうか?中途半端に不味いのはダメです。究極の不味さです。どんなジャンルでもコアなファンやマニアックなファンが存在するので、ひょっとするといつの日か不味いラーメンブームなんてのが来るのかもしれません。
nice!(1)  トラックバック(0) 

白馬岳でダイエット [趣味]

毎年 歳をかさねるごとに体形が変わってきてます。早い話がどんどん太ってきているという事です。まあ、連日 何も考えずに好きな物をたべて、そのうえ運動なんかも基本的にしなければ当然太っていくわけです。で、自分にとってどんなダイエットならできるかなと考えていたのですが、食事制限は絶対に長続きしなと思いますし、毎日 運動をするかといえば出来ません。そんな状態で痩せたいだなんて、無理難題なんてことは百も承知なわけで、痩せたいけど今度にしようという悪循環にハマっています。しかし、最近 自分自身が非常に興味をもった事があったのです。それは
登山。というか白馬岳に登ってみたいと強く思っています。私は今まで登山などしたこともなく、山なども全く詳しくないし、むしろなんでわざわざ山になんか登るのだろう?なにが楽しいのだろうか?と思っていましたが、たまたま白馬岳の登山の映像を見て感激しました。映像でもこんなにも感激するってことは本当にその景色を見たら一生の思い出になるのではないかと思ったわけです。しかも、山登りって運動量としてもかなりのモノだと思いますし、健康にも良さそうじゃないですか。これはまさに一石二鳥!ただ、如何せん登山の経験がないので経験者と行きたいと思っています。今、周りの人に声をかけて同行してくれる人がいたら直ぐにでも行きたいです。それまでは登山の動画などを見てイメージトレーニングを怠らないように頑張ります。

サンブンノイチ [映画]

サンブンノイチを見てきたのですが、個人的にかなり面白かったです。簡単なストーリーとしては3人の男が銀行強盗をして、潜伏先で取り分について揉めだします。そこから様々な人物の回想シーンを織り交ぜながら衝撃のラストにいくわけですが、本当に見入ってしまいました。ストーリーも当然よくできていて面白いのですが、所々に笑いの要素があったのも最高でした。誰かが騙しているかと思いきや実は騙されてた。などなど、とにかく最後まで目がはなせません。ストーリーも笑いも最高なのでおススメです。

日清のカレーメシCM [グルメ]

日清の新商品のカレーメシのCMめちゃくちゃ笑いました。コンセプトや意図がよくわかりわせんが印象にはバッチリ残ったのでCMとしては最高の出来なんではないでしょうか。私は今現在まだ食べていないのですが、近日中にかならず購入して食べます。消費者に訴えかける手法って本当にたくさんあるんだなと思います。あのCMを企画した人って本当に凄いと思いますし、あのCMでOKをだす日清の上層部も流石です。一歩間違えればふざけてるのか!って怒られる可能性もあるわけですし。全体的に理解しがたくてふざけてはいるのですが、不快感などは全くなくて早く買わなくてはという感情になりました。

カレーライスとソース [グルメ]

カレーって本当に美味しいですよね。食べ物の好き嫌いでカレーが嫌いっていう人ってあんまりいないんではないでしょうか。ただカレーといっても本格的なカレーもあれば、家庭で作るカレーもあります。そこに具材や辛口や甘口といった様々な要因を掛け合わせといろんな味のカレーが生まれます。私はどんなタイプのカレーでも美味しく食べるのですが、今日は久しぶりに懐かしくなるカレーを食べてきました。昔の学校の給食なんかで、でてきそうな黄色い黄色いカレーです。具材もオーソドックスなニンジン、タマネギ、ジャガイモ、豚肉といったところでしょうか。そんな懐かしいカレーを食べていたら、そういえば昔はカレーによくソースをかけて食べていたなと思い出してきて、目の前にあるソースを手にして思いっきりカレーにかけて食べました。ずっとカレーにソースをかけて食べるなんて事をしてなかったので、感動的な味でしたし、やっぱり昔ながらのカレーにはソースが合うなと実感しました。カレー屋さんに行くとトッピングでもいろんなのがありますし、私はソースですが人によっては醤油をかけたりしますよね。結局カレーってなんでも合うんじゃないんですかね。本当にカレーは万能ですね。

ステーキ屋のサラダ [グルメ]

ステーキが食べたくなって年に数回ですがステーキ屋にいきます。ステーキ屋だけあってどのお肉も美味しそうですし焼き方なんかもいろいろと細かく指定できたりと本当に満足します。私は当然ステーキも大好きなのですが、ステーキ屋に行くとよくあるサラダがあるんです。そのサラダは本当にシンプルでコーンとトマトときゅうりをドレッシングであえたものです。このサラダが本当に昔から大好きでして間違いなくおかわりをしています。シンプルなので自分でも作れるとおもって過去に何度かチャレンジもしました。まず、入ってる具材はコーンとトマトときゅうりで間違いないので問題はありません。1番最初に真似て作った時はサウザンドレッシングとあえたのですが、違いました。その次に試したのがコブドレッシングです。これが結構美味しかったんですが、私がステーキ屋などで食べてるモノとはやはりなんか違うんですよね。てっきり、市販のドレッシングで再現できるのかと思っていましたが、そんなに甘くなかったのかもしれません。もしくは、私がまだ知らないだけで市販でも売ってるのかもしれませんが、本当のレシピを知るのはまだ先のようです。

ふじっ子の塩昆布 [グルメ]

外食ばかりしている人は偏った食事になる傾向があると思います。少なくとも私は偏っています。絶対的に足りないのが野菜です。なんか外食で食事をするときって味の濃い物や高カロリーの物ばかりに目がいっちゃうんですよね。なんていうか、さっぱりした物や低カロリーの物っていうのは損してる感じがしちゃうんです。なので結果的に野菜などの摂取が少なくなって、肉料理などが増えてしまうわけです。外食ばかりしているので家でサラダを作るなんてもちろんしません。しかし長年、外食ばかりしているせいか最近は体が野菜を求めてくるんです。なので、スーパーに行って野菜のコーナーを見るのですが、やはり野菜を切ったりするというのは面倒に感じてしまうんです。結果的に買うのはいつもミニトマト。洗うだけの手間でパクパク食べれるので手軽なんですよね。しかし最近このミニトマトにふじっ子の塩昆布を振りかけると更に美味しくなるという情報をGETして、実践してみたのですが、たしかに旨い!手間も全くかからないし塩昆布の塩加減がなんともいえない絶妙なバランスでミニトマトとバッチリ合うんです。塩分の取りすぎは体に注意かもしれませんが、その分トマトをたくさん食べているのでOKだと自分で勝手に解釈して食べています。ふじっ子と本気で向き合えばまだまだ相性の良い食材がありそうなので今後も調査していきます。

牡蠣にタバスコ [グルメ]

私は子供の頃から牡蠣が苦手なんです。苦手と言っても決して食べれないわけではなく、自分からすすんで食べたりはしないというレベルなんですが。なんか生臭いっていうイメージがあったんです。ところがいろんな席で食事などしていると周りの人達は美味しそうに食べるじゃないですか。
やはり、苦手といっても気になるもんです。なので、チャレンジして食べたりするのですが、やはりいまいち好きになれないでいました。そんなある日、知り合いと食事に行った時にまた牡蠣があったわけです。普段はだいたいポン酢やレモン汁などで食べていたのですが、その時は知り合いが牡蠣にケチャップをつけるという驚きの食べ方をしました。私もそれを見てマネて食べてみたのですが、今までの食べ方より格段に美味しくておかわりまでしてしまいました。さらに、1番美味しくて、私が牡蠣にハマルきっかけとなった食べ方は、タバスコです。牡蠣にタバスコをたらして食べると辛さと海の風味が合わさって非常に美味しくてクセになってしまいました。今ではポン酢やレモン汁でも美味しく食べていますが、牡蠣が好きになったきっかけはタバスコなんです。

カツ丼 [グルメ]

私は今までカツ丼といえばタレカツ丼が最高に美味しいと思っていました。1枚1枚のカツが甘しょっぱいタレにつかっていてごはんとの相性も抜群ですし、味の濃さも私のお気に入りポイントでした。なので何年も卵でとじたカツ丼は食べてなかったんですよね。決して卵とじのカツ丼が嫌いとかではないので、たまたま長年食べるタイミングがなかったんです。そして、先日 何年かぶりの卵とじカツ丼を食べたのですが、私の想像をはるかに超える美味しさでした。タレカツ丼はだいたい1枚1枚のカツが薄いですが卵とじカツ丼のカツは厚みもあって食べ応えもありました。トンカツにせよタレカツにせよ私はカツには味の濃いソースなんかが1番合うという固定概念をもっていたのですすごくが、卵でとじたカツも凄く美味しいし ごはんにもバッチリあいます。後半は卵とじのカツ丼に辛子をつけて食べました。これもまた相性バッチリでおいしかったです。これからは卵とじカツ丼を食べる機会が増えそうです。

前の10件 | -
スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。